システム構築に関する弊社の考え方

構築されるシステムに関して、システム構築を行う側だけでなく、対象となる業務関係者が、システム構築のフェーズを通して常に共通のイメージを持って進めることが、プロジェクト成功のポイントであると考えます。

業務側とシステム構築側が同じ認識と共通の理解が得られるように、新システムで実現される業務手続き(プロセス)とそこで取り扱う情報(データ)を、プロトタイピングを行いながら確認し、合意形成を図っていきます。

システム構築に関する弊社の考え方

製造業の参照モデル